BVE大糸線R6リリース

本日は令和三年三月四日です。BVE大糸線で334と言えばそう、334Mですね。

BVEで大糸線を作ることになったのは、2003年の急行きたぐにから乗り継いだ334Mで美しい大糸線を見たことがきっかけでした。
と言うわけで、まだやりきれていないところはあるのですが、334が並ぶ日は当分来なさそうなので、これを機会にBVE大糸線を全線公開してひと区切りをつけたいと思います。

BVE大糸線R6の主な更新内容は以下の通りです。

【路線】

  • 特急しなの84号、あずさ26号、普通334Mの運転区間に南小谷~信濃木崎間を追加し、大糸線の電化区間全線を運転可能とした
  • 一部の単線用架線柱を更新し3D化
  • BVE内房線からフィードバックを行い制限標識に距離を記入
  • 省略していた除沢橋梁を新規作成
  • 334Mの車掌を交代

【車両】

  • 定速の動作条件を一定の速度・一定のノッチ以上に変更
  • 383系の性能の見直し
  • E127系のトルク変更を反映(IGBT車のみ)

【その他】

  • BVE6/BVE5.8に対応

ダウンロードはこちら【REV.6】(324MB)
私の青春を吸い取った、BVE大糸線をどうぞお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です